スポンサード リンク

Ajaxプログラミングに便利なフレームワークの種類について。

Ajaxのプログラミングでは、フレームワークを使うのが一般的です。

Ajaxの中核技術は、JavaScriptです。

しかしJavaScriptだけだと、Webブラウザ間で少し違いがあるため、

主要なWebブラウザに対応するだけでも、プログラミングが複雑になります。

そこで便利なのが、Ajaxフレームワークなのです。

Ajaxフレームワークを使うことで、Webブラウザ間の違いを吸収してくれます。

するとプログラマーは、簡単にプログラミングができ、

目的の処理に集中できるメリットもあります。

そんな便利なAjaxフレームワークですが、種類がいろいろあります。

この入門講座でも使っている prototype.js をはじめ、

高機能なフレームワークが沢山あります。

そこで今回は、Ajaxフレームワークをいくつか紹介します。

・prototype.js
Ajaxフレームワークの中でも人気のツールです。

Webブラウザ間の違いを吸収してくれる、クロスブラウザ対応はもちろん、

JavaScriptのプログラムを簡単に記述できる機能もあります。

Ajaxプログラミング関連の書籍でも、例として取り上げられていることが多いので、

参考にできるプログラムの情報が、たくさんあります。

・Yahoo!UIライブラリ
何といっても、リッチクライアントを実現することができます。

エフェクト(効果)や、ドラッグ&ドロップなど、高度なユーザーインターフェースが使えます。

アニメーションや、要素の移動、カレンダー、スライダー、ツリー構造など、便利な機能が豊富です。

・jQuery(ジェイクエリー)
人気の軽量タイプのAjaxフレームワークです。

参考になる書籍も豊富です。

最近では、Ajaxプログラミングのデファクトスタンダードとなっているほどです。

ps:
その他にも、Java言語を使って開発できるGoogle Web Toolkit(GWT)なども有名です。

実現したい目的によって、Ajaxフレームワークを選ぶと良いでしょう。

スポンサード リンク






Ajax初心者入門講座TOPへ