スポンサード リンク

Ajax初級 重要なポイント

初級では簡単なサンプルを使って、 Ajax の中心技術である JavaScript と、HTML、CSSの基本的な使い方を学びます。最初にこれから学習を進める上で重要なポイントをまとめておきます。

(1)AjaxでWebアプリケーションを開発する手順は、以下の繰り返しになります。

1.ソースコードを書く JavaScript、HTML、CSS

2.ブラウザで実行してみる Internet Explorer、Firefox

3.Firebug を使ってデバッグする


(2)ファイルを保存するときの文字コードは UTF-8 にします。

最近Ajaxに利用できるWebサービスやフレームワークが増えてきましたが、ほとんどは文字コードが「UTF-8」で提供されています。そのため自分で作成するファイルも UTF-8 に統一しておいたほうが無難です。文字コードが異なると文字化けの原因になります。


(3)TeraPadをインストールします。

通常 Windows でファイルを保存するときの文字コードは、何も指定しなければ「SHIFT-JIS」になっています。そこで文字コードを指定して保存できる「TeraPad」というテキストエディタを使います。便利なのでインストールしてください。

TeraPadは以下のURLからダウンロードできます。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html


(4)HTML、JavaScript、CSSは別ファイルにします。

HTMLファイルの中に JavaScript や CSS を直接記述することもできますが、Webアプリケーションが大きくなると複雑になってしまいます。

できれば最初から分けて書く方法に慣れましょう。JavaScript、CSSは外部ファイルにしてHTML側から呼び出すことにします。構造、プログラム、デザインを分けることで、それぞれのコードがシンプルになるメリットがあります。

最近ではブログでもHTMLとCSSを分けて管理するようになっているため、分けることに対してそれほど違和感は無いと思います。


(5)Ajaxフレームワークである prototype.js を使います。JavaScriptのプログラミングが楽になることと、Webブラウザの違いをある程度吸収してくれます。prototype.js についてはあとで詳しく説明します。


(6)JavaScriptがまったく初めての方は、 JavaScript初心者入門講座 の「JavaScriptとは?」、「JavaScript基礎の基礎」の項目だけでも先に学習することをおすすめします。

JavaScriptの基礎から、プログラムとデザインを分離するまでの経緯を説明しています。


スポンサード リンク






Ajax初心者入門講座TOPへ