スポンサード リンク

Ajax 通常のWebサイトからRSSを自動的に作成する方法。

ほとんどのブログでは、標準でRSSフィードを配信しています。ブログの普及とともにRSSフィードも広まりました。そしてRSSリーダーの登場が、さらにRSSの利用を促進しています。最近ではWebブラウザにRSSリーダーの機能が付いているものもあります。Ajax プログラミングでも非同期通信でRSSのデータを活用できます。

RSSの普及にともない、一般のWebサイトでもRSSフィードを配信するようになってきました。大手のWebサイトは大体対応しています。

しかしRSSフィードに対応していない一般のWebサイトもたくさんあります。どうせRSSを利用するなら、全てのWebサイトの情報を活用できたほうがいいですよね。

そんな時に便利なのが、「WebサイトからRSSを自動的に作成するサービス」です。いくつか種類があり、RSSを生成する方法に特徴があります。

・MyRSS.jp
http://myrss.jp/

「MyRSS.jp」はWebサイトを登録すると、Webサイトを自動的に巡回し、更新があれば最新ニュースの形でRSSを配信します。特徴はWebサイトに新しく追加された『クリックできるテキスト』をRSSにすることです。

・なんでもRSS
http://blogwatcher.pi.titech.ac.jp/nandemorss/

「なんでもRSS」は、東京工業大学 精密工学研究所 奥村研究室 が運営している、RSSフィードを自動的に生成するサービスです。特徴は『同じパターンで記述される日付情報を少なくとも二つ以上含む』ページが対象となっていることです。

サイトに日付情報が無い場合は「MyRSS.jp」のほうがいいと思います。目的により使い分けてください。


【ワンポイント】

RSS形式になった情報は利用しやすいですが、どうしてもRSSにできない場合は、正規表現を使って解析する方法もあります。


スポンサード リンク






Ajax初心者入門講座TOPへ